女性に人気の調剤事務管理士は、どんな特徴の資格なの?

調剤事務管理士とは?

調剤事務管理士とは?

調剤事務管理士とは保険調剤薬局で事務として働くために必要な知識を学んでおり、一定の水準に達していることを証明できる資格です。

調剤事務管理士の資格がなければ保険調剤薬局で事務として働けないわけではありませんが、この資格があったほうが就職試験では有利です。

もし、薬局で働きたいのであれば取得しておいて損はありません。具体的には保険調剤のしくみを学びます。処方箋のみかたやそれにあわせた、調剤に関する費用の算定、また、調剤報酬明細書の書き方などです。

そのほか、どんな剤形の薬が、体内のどこで効くのかといった簡単な薬理も勉強します。資格試験は独学でも十分合格可能です。通信教育などもあるので、興味のある方や将来、薬局でのお仕事を考えている方はぜひチャレンジしてみてください。

調剤事務管理士はどんな人におすすめ?

調剤事務管理士はどんな人におすすめ?

調剤事務管理士は保険調剤薬局で処方箋の受付・会計をし、保険請求分のレセプトを作成し、薬剤師のサポートをすることなどが主な業務です。

調剤事務管理士がどんな人におすすめかというと、まず他人とのコミュニケーションスキルが高く社交性がある人です。

患者さんが調剤薬局に来たときに最初に接客をするのが調剤事務管理士なので明るく対応し、わかりやすく薬の説明をしなければなりません。

人当たりが良く人と接するが好きな人に向いています。次に正確で細かい作業が得意な人です。

患者さんの薬剤服用歴を正確に作成したり、月に1度患者さんの1か月分の調剤報酬のレセプトを作成しなければならないので、事務作業が好きな人に向いています。

調剤事務管理士の試験について

調剤事務管理士の試験について

調剤事務管理士は年に6回試験を受ける機会があります。そういった意味では比較的取得しやすい資格です。難易度も優しい部類に入るでしょう。

試験内容は、保険調剤事務に欠かせない調剤報酬明細書を作成する実技試験と、医療保険制度や調剤報酬の点数算定の注意点、薬学、薬理の知識を問う学科試験とに分かれています。

実技は処方箋から明細書を作成する問題が2問と点検問題といって、いわば間違い探しのようなものが1問、学科はマークシート式で10問出題されます。

実技と学科を合わせて2時間の制限時間内に解かなければなりません。実技、学科それぞれで70%以上で合格です。科目合格制度は設けられていません。

1回で双方、合格点に達する必要があります。過去問題集を使って練習すれば、特に問題なく受かるでしょう。