女性に人気の行政書士という資格は、どんな特徴の資格なの?

行政書士とは?

行政書士とは?

行政書士とは国家資格の名称の1つです。公的な書類を作成する業務をなりわいとする職業であり、法的な知識を持って書類作成を専門的に行うことができるスペシャリストです。

様々な場面で書類作成の代行を行ったりすることで、人の役に立つことができる仕事の1つです。近くの取得のためにはたくさんの知識を身に付ける必要があります。

この資格を取得するためには試験を受けて合格するのが基本的な道であると言えますが、公務員として長く働いている人の場合には、退職の段階で申請をすることによって資格を取得することができる場合もあります。

資格の取得方法には複数の道がありますが、法的な知識を持った書類作成の専門家としての仕事を行うための資格であると言えるでしょう。

行政書士はどんな人におすすめ?

行政書士はどんな人におすすめ?

行政書士は難化しているといわれ、挑戦することに戸惑いを感じてしまう方も多いでしょう。しかし、司法書士や司法試験などの上位資格に比べると合格しやすいです。

試験内容としては幅広いことが問われるのが特徴といえます。そのため、法律に関わる仕事をしたいけれど将来何をしたいかまだはっきりしないという方がまずはじめに挑戦してみるというのがおすすめです。

勉強を通して自分の得意な分野などが分かれば、他の資格取得へと進んでいくこともできます。公務員試験と共通する科目もあるので、就職活動を控える学生さんにもおすすめです。

学生のうちに知識やスキルを身に着けておきたいという方は、ぜひ行政書士の試験にチャレンジしてみましょう。

行政書士の試験について

行政書士の試験について

行政書士になるためには、国家試験に合格することが最短ルートです。他の方法だと、弁護士など他の法律資格の取得や、公務員として行政事務に20年関わっていることがあげられます。

受験して資格を取得したほうが、はるかに難易度は低いものの、合格率は例年10パーセント台に留まる狭き門です。内容としては、憲法や民法、商法に行政法といった法令知識の他に、業務に関する一般知識も求められます。

そして法令で50パーセント以上、業務は40パーセント以上、総合で60パーセント以上正解しなければなりません。こう書くと、いかにも難しそうですが、事前に長期対策をとり知識を習得していれば、十分合格の目はあります。

行政書士試験に合わせたスケジュールを組み、法律の専門家資格を獲得していきましょう。