女性に人気の医療事務管理士とは、どんな特徴の資格なの?

医療事務管理士とは?

医療事務管理士とは?

医療事務管理士とは病院やクリニックで患者さんのカルテを管理したり診療報酬の明細書を作ったり請求業務を行ったりする医療事務の資格です。

この資格を取得すれば、病院内での受付業務やカルテ管理、オペレーター業務や会計業務などの医療事務を行う事ができます。

その中でも特に大切といわれているのが診療報酬請求業務です。この業務は患者さんの治療費の請求や病院の報酬に関わる仕事で過剰請求や不正請求が起こらないようにするものなのでとても重要な仕事です。

仕事先は病院の他に、クリニックや健康保険組合、保険調剤薬局、損害保険会社などがあります。

勤務時間も常勤はもちろん、午前中だけとか夜間だけ、週2回だけなど選ぶ事が出来ることもあり、年収は大体平均で300~400万円ほどですが、中には資格手当てもつくという職場もあります。

医療事務管理士はどんな人におすすめ?

医療事務管理士はどんな人におすすめ?

医療事務管理士は資格やスキルを活かして働きたい方、プライベートと仕事をきっちり分けたい方、子育てや家事で忙しく、生活パターンがハッキリしてしる方におすすめです。

仕事中は忙しく、集中力を維持して働くことが求められますが、終業はある程度はっきりしていることが多く、割りきりがちゃんとつけられます。そのため、上記のようなひとに合っています。

月初など、医療制度上の点数計算を期日厳守で提出を求められ、時期によってはかなり忙しくなるようですが、やりがいと責任感を持って仕事に臨めるといえます。

資格は比較的とりやすいようですが、薬や医療行為に応じて点数が違っており、計算の基礎となる点数を憶えることは骨が折れるようですので、根気のある人に向いている資格です。

医療事務管理士の試験について

医療事務管理士の試験について

医療事務管理士の試験は、会場での受験の場合、まずはマークシート形式で、合計10問出題されます。内訳は医療保険制度などの法規、診療報酬点数や診療報酬請求書の算定や作成に関する保険請求事務、医学に関する一般的な知識などになります。

また、実技としてレセプトの点検問題が1問、レセプトの作成問題が外来と入院で1問ずつ、合計3問出題されます。

こうして見ると、一見難易度が高そうに感じますが、市販のテキストでしっかりと知識を身に付け、レセプトを作成する練習をたくさん行うことにより、初学者でも十分に合格することは可能です。

例年の合格率は50%程度であり、受験資格は特に設けられていないため、誰でも受験することができます。