女性に人気のケアマネジャーとは、どんな特徴の資格なの?

ケアマネジャーとは?

ケアマネジャーとは?

ケアマネジャーとは介護士の一員ですが、正確には「介護支援専門員」と言い、保健・医療・福祉に関する分野で5年以上かつ日数が900日以上の実務経験がある人が受ける事のできる資格です。

毎年10月に行われる試験に合格した者のみ取得する事ができます。ケアマネジャーの仕事内容は実際に介護が必要な人とその家族の介護相談に乗る事や施設の利用者の情報収集をして分析し介護プランを作成すること、介護サービスを提供する施設や病院との調整やモニタリングの実施などがあります。

また、地域の高齢者の相談役や施設の利用者とその家族の橋渡し役等幅広く活躍しています。

ケアマネジャーは介護支援が必要な人やその家族を対象に様々悩みを一緒に解決していく、介護のプロです。

ケアマネジャーはどんな人におすすめ?

ケアマネジャーはどんな人におすすめ?

ケアマネジャーは高齢者や認知症などの介護保険の特定疾患を持っている人を相手にします。そのような人は病気のため普通の人よりも人格が偏っている場合があり、そのような人に対して粘り強く話をしていくスキルが必要になります。

それだけでなく、介護保険制度を利用するの際には介護支援計画が必要で、要介護度などの基本的な情報はもちろんですが、それ以外にも生育歴や介護保険以外にどのようなサービスを利用しているかなどの、かなり細かい情報を計画の中に具体的に記載する事も大切なスキルになります。

そのためケアマネジャーは根気強く話をしていけるのと、利用者の気持ちや要望を具体的に文章化する事が出来る人におすすめの職業です。

ケアマネジャーの試験について

ケアマネジャーの試験について

現在のケアマネジャーの試験には、まず受験するために必要な受験資格が存在します。法定資格の保有者もしくは相談員業務の実務経験などが必要となります。

試験時間は120分。問題は介護支援分野から25問、保健医療福祉サービス分野から35問の合計60問出題され、合格基準点は両分野で60%以上の得点且つ、全体の70%以上の得点率で合格となります。

合格率はここ最近は20%を下回っており、福祉系資格の中ではかなり難易度は高い試験だと言えるでしょう。

問題形式は5つの選択肢から正しいものを2つか3つ選ぶ問題がほとんどで構成されており、しっかりと試験範囲全体を勉強し理解しておかないと、まず合格は難しい試験だと言えます。