女性に人気の校正技能検定とは、どんな特徴の資格なの?

校正技能検定とは?

校正技能検定とは?

校正とは、書籍や雑誌のないように不備や誤りが無いよう仕上げる重要な仕事です。出版業界だけではなく、一般企業でも活かすことの出来る技能です。

校正技能検定は初級、中級、上級と分かれており、初級に関しては各教育機関における指定単位科目の修得をした方を認定するものです。

中級は校正作業の実技試験を90分、60分、60分の計3回実施し、その後学科試験を同一日に行います。上級は中級に合格した者のみが受験出来、試験の校正は中級と同じで無い洋画より深いものとなります。

合格率は中級が30%前後、上級が25%前後となっていますが、中級合格者の4人に1人しか合格できない上級は難易度の高い資格だと言えます。資格取得に向けてのセミナーなども実施されている為、参加することが望ましいでしょう。

校正技能検定はどんな人におすすめ?

校正技能検定はどんな人におすすめ?

校正技能とはなんでしょうか。文章の作成や点検等を行い、各種書籍等を不満のない様に仕上げる人に必要なスキルです。

その為、普段から文章に携わることが多い人には校正技能検定を受験することをおすすめします。

現在、校正技能検定は受けていないけれど、この様な仕事をしていたり、将来、出版や書籍関連の仕事を目指している人はこのスキルを身につけておくといいでしょう。

検定という裏付けがあることで、企業等からの信頼を得ることができます。また、会社側も安心して仕事を任せることができるでしょう。

他にも、この様な仕事には携わっていなくても、部署に1人は欲しい人材ではないでしょうか。書籍等の膨大な文字数ではなくとも、なんらかの形で文章に触れる機会は多々あります。

その様な際にこのスキルを身につけていれば、会社でも重宝されるのではないでしょうか。

校正技能検定の試験について

校正技能検定の試験について

校正技能検定は新聞や雑誌などの原稿と校正紙を引き合わせて、誤字脱字が無いかをチェックする校正者に必要な知識、技能を認定する資格です。

試験が初級から上級と3段階あります。初級は、各教育機関である日本エディタースクール、大手前大学、実践女子短期大学にて指定単位科目を取得した方に認定されます。

上級・中級は統一試験の合格者に認定されます。上級・中級は学科試験、実技試験があります。

中級は日本エディタースクール該当コース修了者や校正に関して、一定の実技訓練を各種機関で受けた方又、実務経験がある方などが受けられます。

上級は校正技能検定中級試験に合格した方が受けられます。難易度はそんなに難しくはないので、ちゃんと勉強すれば取れる資格です。